感染症と経済活動

令和2年8月28日、安倍総理が会見をされました。
新型コロナウイルス感染症への対応。
現在の感染症分類を見直す方針です。

現在、結核やSARS(重症急性呼吸器症候群)といった2類感染症以上の取扱いとなっている新型コロナについて、保健所や医療機関の負担の軽減、病床の効率的な運用を図るため、政令改正も含めて運用見直しを検討。
検査体制については、インフルエンザとの同時検査が可能となるよう、地域の医療機関で、1日平均20万件の検査能力を確保するなど、抜本的な拡充。

インフルエンザ等と同じ、5類感染症の取り扱いになれば、経済活動も回復していくと思います。
新しい生活様式を取り入れつつ、経済活動の力強い回復。
新しい産業を生み出し、社会経済を好循環にしていく必要があります。

詳細は、首相官邸のホームページを参照ください。
https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202008/28corona.html

タイトルとURLをコピーしました